笑顔になれる菓子工房 地域と共に成長していく店

グルメ

※家族経営している永井さん家族

「地元の食材を使って、地域と共に成長できる店をやっていきたい」と菓子工房nagaiの3代目・永井友之さん(42)。毎年クリスマスケーキが終わる翌日から、お餅の販売を開始します。今年は12月26日(土)~31日(木)まで。いつも笑顔で迎えてくれるスタッフに、訪れたお客も笑顔になれる老舗菓子店です。

※看板メニュー「バナナクレープ」110円(税別)

「永井製菓」の名で創業したのは、1945(昭和22)年。「子どもたちが気軽に買える洋菓子」として売り出した「バナナクレープ」は、今でもお店の看板メニュー。同じく定番の「あんドーナツ」は、友之さんの父、2代目の永井誠さん(75)が1983(昭和58)年に材料の配合をアレンジし、現在でも変わらない味を作り続けています。

※3代目・永井友之さんと、妻のかほるさん

北海道札幌市出身の永井かほるさん(34)は、ホテルニューオータニ幕張に勤務していた時、上司であった友之さんと出逢い、結婚。小美玉市に住み始めた当時、『小美玉市は、子育てサークルが充実していて助かりました。自己紹介する場面では「バナナクレープの永井です」と言うと、みなさんすぐに分かってくれました』と、地域に根付いた老舗であることを感じたそうです。

※いばらキッスを使った「苺クレープ」

1月からは、小美玉市産のイチゴ“いばらキッス”を使った、「苺クレープ」と「苺大福」を販売します。“いばらキッス”は、2012年12月に品種登録されたイチゴの茨城県オリジナル品種で、糖度が高く、酸味とのバランスも良く、食味が濃厚なイチゴです。

菓子工房nagaiは、老舗の変わらぬ味と、旬のものを取り入れた新しい味、そして笑顔に出逢え、笑顔になれるお店です。(年始休業日 1月1日、4日、5日)

菓子工房nagai
住所 小美玉市田木谷91-5(小川駅バス停前)
電話 0299-58-2131
営業時間 9:00~19:00(火曜定休)
FBページ https://www.facebook.com/pg/菓子工房nagai-221930168235218/

  • コメント ( 9 )

  1. 中本正樹

    バナナクレープ、差し入れでよくいただきます!おいしいですよね〜

  2. 小松崎由美子

    中本正樹様
    看板メニューのバナナクレープ、安くて美味しいですよね!今日午後伺ったら完売でした!

  3. 遠藤康子

    ちょっとおみやげにアンドーナッツ、よく買いに行きます~

    • 小松崎由美子

      遠藤様

      私もちょっとした差し入れに、あんドーナツ買います!サクサクフワフワ美味しいですよね。

  4. 藤田佐知子

    あんドーナツ、ぜひ買いに行きます

    • 小松崎由美子

      藤田様

      寒い日に揚げたてのアンドーナツ最高です!ぜひ食べてみてください(^-^)

  5. tomoji

    1昨年末に初めて、Xmasケーキの時期に訪問しました。昨年末には、Xmasケーキとしてお歳暮兼用で贈って喜ばれました。地域密着で頑張ってるお店の記事って良いですね。

    • 小松崎由美子

      tomoji 様

      お歳暮兼用でクリスマスケーキ♡それは喜ばれますね!地域密着のお店の取材は、応援したい気持ちも記事にできるので、やりがいがあります(^-^)

  6. 磯崎俊宏

    バナナクレープ美味しそう。
    従妹の家の近くなので買いに行きますね(^O^)!

小松﨑由美子

2,657 views

★タウンジャーナル小美玉代表 企画運営部・編集部も兼任★ 全体の統括をしています! よろしくお願いいたします。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

TOWN JOURNAL OMITAMAとは
私たち小美玉市民による、小美玉市民のための市民メディアです。

有志の住民グループにより結成された「タウンレポーター」が茨城新聞社の取材や編集の指導や協力を受けて、小美玉市の情報を小美玉市民のために発信していきます。
ABOUT