日本一の映像クリエイターは、にゃん泊オーナー

ひと

「茨城県広報コンクール」の映像部門で「ダイヤモンドシティ小美玉2020 -見つける。みがく。光をあてる。-」が特選(第1位)を受賞しました。

制作したのは、小美玉市の映像制作プロダクション「LINK PRODUCTION & STUDIO」の立原裕之さん、陽子さん夫妻です。同作品は全国広報コンクールに推薦されます。2019年全国コンクールで、立原夫妻が手掛けた「小美玉ヨーグルトストーリー」は特選(部門1位)を獲得しており、2度目の入賞に期待が膨らみます。(記事下段に動画のリンクがあります)

■動画に込められた夫妻のこだわり

動画「ダイヤモンドシティ小美玉2020」は、18組のさまざまな職業や活動をしている市民が出演します。10~20代をメインターゲットにしており、場面展開を速くするなど興味を引けるよう工夫して作られています。裕之さんは「『ダイヤモンドシティ小美玉』の意味を知ってほしい、そして皆さんに改めて小美玉市の魅力を発見してほしいという思いで作りました」と語ります。

※立原さん制作の絵コンテ

企画・構成は、小美玉市シティプロモーション係と手描きの絵コンテでイメージを共有。ロケハン(撮影場所探しや下見)を重ね、写真でより具体的に構成していきます。女優の廣木葵さんが歩いている背景がどんどん変わっていくシーンは、霞ケ浦が見える丘の道を探すところから始めたそうで、「イメージとぴったりの場所を見つけたときにはとてもうれしかった」と陽子さんが語ってくれました。

皆藤梨園の場面では、カメラマンが先に動きだして、画角の外から皆藤さんが入ってくるタイミングにこだわり、Omitama Shigoto(*1)のテレビ会議から野村牧場に切り替わるところでは、カメラがぐるっと回ります。ほかにもレンコンが卵に切り替わったり、手の中の透明な石がダイヤモンドの原石のように光を放つカットなど、細部へのこだわりに作品への愛情を感じます。 

自身が納得する画を撮るためには、現場のヤブ蚊対策、天気の読み、太陽光の角度の把握など自然相手の苦労もあります。「カメラワークと同じぐらい大事なのが映像全体に関わるロケハン」と立原夫妻は口を揃えます。

*1 Omitama Shigoto : 小美玉市の地方創生やシティプロモーションに関わり、市と連携して事業を進めながら、想いを共有する人たちの輪を広げている市民チーム。

https://omitama-shigoto.org

■市民が自分のまちに誇りを持てるような動画を

撮影時には、初めて会う人たちとのコミュニケーションを特に大事にしているそうです。作り手も出演者も地元同士だとお互いリラックスして撮影できるなど、良いことがたくさんあります。裕之さんは、「自分が生まれ育ったまちの動画なので、絶対に良いものを作らなくては!というプレッシャーも大きいですが、私たちを成長させてくれる地元小美玉市に感謝しています。市民が自分のまちに誇りを持てるような動画を作りたい」と語ります。新しい感覚も取り入れて、若者のシビックプライドを刺激できたらいいなと思い、次世代にも熱い思いを込めています。

■さまざまなヒト、コトが“リンク”する「関係案内所」

※猫と遊べる民泊施設「LINK HOUSE」

立原夫妻の自宅兼スタジオは、猫と遊べる民泊施設でもあります。利用者は20~40代が多く、2019年4月~2020年1月で延べ100人が宿泊しました。利用者との交流が民泊運営の魅力で、これまで制作した動画を一緒に見て小美玉を紹介。「あえて素泊まりで食事を出さないスタイルにすることで、地元のおすすめのお店を案内し、小美玉の人たちと触れ合ってもらいたいと考えています」と陽子さん。近隣の保田牧場の見学やRIKAチョークアート工房の体験プログラムとの連携も計画中です。さまざまなヒト、コトが“リンク”しているこの場所と立原夫妻の存在は、人と人、人と地域をつなげる、最近話題になりつつある「関係案内所」といえるのかもしれません。

LINK PRODUCTION & STUDIO(リンクプロダクション&スタジオ)
PR映像制作、オンライン配信、イベントの映像記録
https://link-prod.com/ 
https://www.facebook.com/linkmoviestudio

LINK HOUSE(リンクハウス) 
民泊施設  
〒319-0133茨城県小美玉市張星497-12 
TEL: 0299-56-3345
https://www.airbnb.jp/rooms/31654959?s=67&unique_share_id=7e6da456-dd5c-4d52-b183-011e5b739406

令和2年茨城県広報コンクール 特選(第1位)
ダイヤモンドシティ小美玉 2020 -見つける。みがく。光をあてる。-
https://youtu.be/0H6Jmeh6Pc8

平成31年全国広報コンクール特選(第1位) 総務大臣賞 
小美玉ヨーグルトストーリー 
https://youtu.be/19zzLJV46Jo

Omitama Times (月1回)  小美玉市のローカル情報を配信中
https://www.youtube.com/channel/UCylfZAh0oNbR979htMt_47Q

  • コメント ( 5 )

  1. overs24

    日本一に輝いた映像クリエイターが小美玉にいて、地域の人たちと次々仲良くなってその輪を広げつつ、にゃん泊で外から来る人を招き入れては中と外の人を繋いでくれている。しかも、にゃん泊した人に小美玉の映像を紹介して、小美玉のあちこちに行きたくなる気にさせてる(しかも自然に)。スゴいし、ありがたい!

  2. わんわん

    立原さんご夫妻、素晴らしいお仕事をされていますね。小美玉の魅力をどんどん引き出してくれて発信してくれてとてもありがたいですね。
    これからの活躍が楽しみです。にゃん泊も楽しそうですね。

  3. こむぎ

    動画拝見しました。小美玉の空がとてもきれいで、草や木の緑が鮮やかな様子がわかります。豊かな自然と、そこに住むみなさんの笑顔から元気をもらいました!

  4. ブルたん

    立原さんご夫婦の地域に根付いた様々な活動、素晴らしいと思います。
    これからも頑張ってください!

  5. プレーンヨーグルト

    初めて小美玉市のプロモーション動画を偶然YouTubeで見た時
    ものすごい驚きと感動を感じました
    えっ!誰か仕掛け人?
    私は移住組でチョット(笑) 小美玉市につまらなさを感じてたので
    自慢、自慢、自慢 私の住んでる小美玉市
    凄いでしょ
    大きな声で叫びたいです!!

坂野秀司

763 views

常磐百景(じょうばんひゃっけい)の坂野秀司(さかのしゅうじ)です。 普段は茨城県の桜を調査記録しています。 運営しているウェブサイト「茨城県の桜」では、小美...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

TOWN JOURNAL OMITAMAとは
私たち小美玉市民による、小美玉市民のための市民メディアです。

有志の住民グループにより結成された「タウンレポーター」が茨城新聞社の取材や編集の指導や協力を受けて、小美玉市の情報を小美玉市民のために発信していきます。
ABOUT