「住民劇団」が18年間続くワケとは

ひと

小美玉市四季文化館みの~れ(同市部室)のオープンと共に2002年に生まれたのが、みの~れ住民劇団「演劇ファミリーMyu(みゅう)」だ。団員は小学1年生から70代まで、学生や主婦、教師や会社員など様々な住民で構成され、今年で結成18年目を迎える。脚本や演出、作曲、道具制作も住民が手掛けるオリジナルミュージカルを定期的に公演。関わり方も多岐にわたり、100人を超える人が尽力して成り立っているという。

※演劇ファミリーMyu 稽古の様子

仕事や生活習慣も異なる人々が集まり、一つの舞台を作り上げることは、一筋縄ではいかない。本業との兼ね合いがうまくいかなかったり、運営上では特定のメンバーに多く負担がかかってしまったりと、住民劇団ならではの苦労も多い。代表の柴山真理子さんは18年活動を継続できている理由を「人と人との繋がり」だと話す。「それぞれ違うバックグラウンドを持つメンバーや、活動を支えてくれるみの~れの方々も含め、関わっている人がとても魅力的。演劇を通してそのような人と交流できるのはとても楽しいし、自分が誰かの役に立っていると感じられる」。

※演劇ファミリーMyu代表 柴山真理子さん

舞台をつくる上で、人とのコミュニケーションは欠かせない。その中で育まれる人間力は、必ずや人生を豊かにしてくれるだろう。

Myuは、それぞれのライフスタイルを大事にすることを一番に、その中で楽しく活動ができるよう、常に環境づくりに最善を尽くしている。

家族のようにあたたかい場所、「演劇ファミリーMyu」。今後の動向にも目が離せない。

■Myu公式HP http://genki-ibaraki.com/myu/
■Myuブログ http://blog.livedoor.jp/efmyu
■Myu Facebook https://m.facebook.com/engeki.family.myu/
■Myu Instagram https://instagram.com/efmyu?igshid=1amybgyn7av0t
■Myu Twitter https://twitter.com/efmyu?s=21
■Myu YouTube https://youtube.com/channel/UCNEa_xl3lt8bxvIFNlO3VLA

  • コメント ( 7 )

  1. 空美

    ステキな取組みですよね。数年前まで劇団があったことなど、知らなかったことがたくさんありました。この記事から、また新しい人に知ってもらえるきっかけになりますように

  2. あざらし

    写真が躍動感があってすごくすてきです!イキイキした雰囲気が伝わってきました(*^^*)

  3. 齋藤友幸

    私も、小美玉市民となって4年程は、みの~れ に 「演劇ファミリーMyu」すら知りませんでした。みの~れ を知ったのも、友人たちが茨城のジャズ演奏会に出て、間もなく自分もジャズコーラスで出るようになってからです。いまは、気軽にコンサート、演劇鑑賞、各種展示会でお邪魔しています。 18年間も頑張って来れたのは、柴山さん達と市民と役所を味方につけられた努力と思います。素晴らしい記事を有難うございました(^o^)丿

  4. わんわん

    もう1人の自分になれる場所があるっていいなと思います。
    一つの目標に向かって、みんなで進んでいくのも素晴らしいと思います。
    核家族が多い中、このような大家族の中で過ごせることは宝物だと記事を読ませていただき伝わってきました。

  5. かがやん

    なんで小美玉っておもしろいんだろう?の質問でよくこたえにでてくるみのーれのこの活動!記事で読めたのははじめてでした。なるほどーー!すごい!

  6. overs24

    「組織のための人」ではなく、「人のための組織」なんですね。

  7. ブルたん

    劇団にたくさんの人が関わって、素晴らしい作品が作り上げられているんですね!これからも応援します!

門倉栞

1,134 views

美野里地区を中心に取材を担当しています、門倉 栞(かどくら しおり)と申します。 観光を学ぶ2000年生まれの大学生。小美玉市においては、住民劇団「演劇ファ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

TOWN JOURNAL OMITAMAとは
私たち小美玉市民による、小美玉市民のための市民メディアです。

有志の住民グループにより結成された「タウンレポーター」が茨城新聞社の取材や編集の指導や協力を受けて、小美玉市の情報を小美玉市民のために発信していきます。
ABOUT