アピオスがeスポーツで盛り上がる!

イベント

eスポーツ大会「アピオス遊んでe計画」が2021年3月14日(日)、小美玉市小川の「小川文化センターアピオス」で開かれる。

このイベントは、近年世界中で盛り上がりをみせる「eスポーツ」のイベントを文化ホールが主催する。

※アピオスがeスポーツで盛り上がる!

小川文化センターアピオスは、これまでにも「おやじバンドコンテスト」「スター☆なりきり歌謡ショー」など、多くの人気企画を市民とともに作り上げてきた。「eスポーツ」へ転換したのは2018年、「スター☆なりきり歌謡ショー」が第10回大会をもって終了することが決定したことがきっかけだった。当時、茨城国体で初めてeスポーツがプログラムに取り入れられたことも追い風となった。

企画・運営を担うのは12人の市民・有志から構成された「アピオスeスポーツ実行委員会」のメンバー。月1回程度の会議、茨城国体やゲームイベントなどへの視察を重ね、本来は2020年3月にプレイベントの開催を予定していたが、新型コロナウイルスの流行から開催を断念せざるを得なくなった。1年延期を決め、当初の企画をすべて見直し、老若男女が楽しめる企画にバージョンアップさせた。「新しいアピオスの目玉にする」という実行委員会の意気込みを感じることができる。

実行委員会の事務局を担当する職員の小久保未望さんは、「自分も初めてのことばかりだが、実行委員の方々に助けられながら企画を進めている。有志で集まったメンバーもゲームに馴染みのある若いメンバーから自分の両親のようなメンバーまでいるので心強い。なんとか成功させたい」と語る。

3月のイベントは、茨城国体でも盛り上がりを見せた人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン」のエキシビジョンマッチや、「太鼓の達人」アピオス大会が開かれる。ウイニングイレブンは、茨城国体出場経験を持つ静岡県出身のゴラゾーさんと、東京都在住のプロゲーマーのレバさんがコンビを組み、同じく国体出場経験を持つ大洗高校eスポーツ部と対戦する。「太鼓の達人」アピオス大会は、4つの部門で開催され、小学生以上であれば誰でも予選に参加できる。予選は、決められた課題曲を自宅で叩きツイッターやメールでスコアを送信することができるほか、1月17日、同31日に予定されている体験イベントでも参加でき、1月31日まで募集している。

参加方法の詳細や体験イベントの申し込みは、小川文化センターアピオス(TEL0299-58-0921)もしくは同館ホームページ(http://apios.city.omitama.lg.jp/)で確認できる。

(2021年2月追記)
「アピオス遊んでe計画」は、新型コロナウイルス感染防止のため令和3年5月2日(日)に延期となりました。詳細は以下のURLでご確認ください。
http://apios.city.omitama.lg.jp/0361/info-0000007483-5.html

  • コメント ( 10 )

  1. あざらし

    太鼓の達人もeスポーツに入るんですねー!知りませんでした。eスポーツ人口もどんどん増えているようですし、これをきっかけに小美玉への注目度も上がってほしいです!!

  2. tomoji

    Eスポーツですね。太鼓の達人が種目に入っていて驚きです。観戦はアピオスで大画面で観れるんでしょうか?? アピオスと一緒に小美玉市が有名になるのが楽しみです

  3. もち

    私も自宅でVRゴーグルでeスポーツ的なゲームやってます。
    全然上達しませんが(笑)
    小美玉市でeスポーツとは初めて知りました!

  4. 空美

    eっすね‼︎
    太鼓の達人なら、老若男女が挑戦できそう。

  5. かがやん

    太鼓の達人結構得意なのででたかった!

  6. ブルたん

    嵐のニノが、年末に、2021年はeスポーツに出る!と冗談で言っていました(笑)。
    タイムリーな記事をありがとうございます!

  7. overs24

    文化ホールでやるってことは、照明とかスゴそう!

  8. プレーンヨーグルト

    予選参加が課題曲のスコアーを送信で可能とは、コロナ禍の今タイムリーですね。
    沢山のひとが参加出来て素晴らしい大会です。
    ぜひ太鼓の鳴り響く決勝戦観戦したいです。

  9. わんわん

    太鼓の達人‥以前、ゲームセンターで大人しそうな男の子が 曲がかかったら人が変わったようなバチさばきで、すごくすごく驚いたのを思い出しました。あの子が大会に出たら良い成績を取れるのでは?eスポーツすごいですね

  10. こむぎ

    新たな企画へのチャレンジ、とても素敵です!特に小さな子どもたちでも参加できるように、とゲームの内容にも配慮してくれていること、有難いです。早くコロナ禍が終息して、たくさんの子どもたちが集まれるといいですね。

柴﨑祐希

280 views

小川地区を中心に取材を担当しています!よろしくお願いいたします。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

TOWN JOURNAL OMITAMAとは
私たち小美玉市民による、小美玉市民のための市民メディアです。

有志の住民グループにより結成された「タウンレポーター」が茨城新聞社の取材や編集の指導や協力を受けて、小美玉市の情報を小美玉市民のために発信していきます。
ABOUT