視点を変えれば魅力が見える

ひと

~山本綾子さん (アトリエ プティ・ボア)~

「小美玉市は自慢したい私のふるさとです」。そう話すのは同市小岩戸にある、お菓子工房「アトリエ プティ・ボア」(以下、プティボア、2018年5月オープン)の山本綾子さん。同店には立ち上げから関わり、現在は販売促進など幅広い業務をこなす。

山本さんは旧玉里村で生まれ育ち、土浦の高校に進学。当時は玉里村に住んでいることが残念だった振り返る。高校の友人が山本さんのところに遊びに来たとき、いつもおしゃれなのに履きつぶれて汚れた靴を履いてきた。なんで?と尋ねると、「村だから汚れると思って」。山本さんは、村って周りから見たらそんな意識なの!?と驚いた。また、「私ってそんなところに住んでるんだ」と思い、がっかりしたという。

そこから東京に憧れを抱き、大学入学を機に上京。しかし都会での暮らしは少し肌に合わず、卒業後に都内で就職した会社を辞め小美玉に戻ってきた。「Uターンして気づいたことは、中にいては分からない魅力がたくさん詰まっていること」と話してくれた。

もちろん、都会に比べたら公共交通機関は充実していないし、車がなければ不便だ。「でも」と山本さんは言葉をつないだ。「捉え方を変えれば、その移動も旅の物語の一つ。すぐに目的地に着くよりも思い出が増えるって考えると、それも魅力になると思います」

プティボアの地産地消をコンセプトとした商品を通じて小美玉の良さを伝えている山本さん。そんな山本さんにとっての小美玉市とは?「小美玉市は自慢したい私のふるさとです。その魅力をこれからも伝えていければ」。拙い取材にも笑顔で答えてくれた山本さんこそが、キラリと光る小美玉の魅力の一つであると感じた。

※アトリエ プティ・ボアの外観

※看板商品の一つ「チーズインバウム」の季節限定商品「チーズインバウムさくら」(販売期間:1月末~3月下旬)

※ホワイトデー 缶入りサンドクッキー(販売期間:2月14日~3月30日)


■アトリエ プティ・ボア 

住 所 茨城県小美玉市小岩戸字北原1887-1

営業時間 10:00~18:00

定休日 水曜日

公式HP https://petitbois.co.jp/

公式PV https://youtu.be/yGZXCmCfaXQ

Facebookhttps://www.facebook.com/petitbois0528/

Instagram https://www.instagram.com/petitbois0528/

  • コメント ( 5 )

  1. けいのえりな

    すてきなライフヒストリーですね!プディボアにも小美玉にも興味が湧きますね。上京経験者の視点でしか見えない地元の魅力、記事からも伝わってきます♪

  2. 齋藤友幸

    Uターンの難しさ、Uターン者だから分かる地元の良さなど分かり易い記事ですね。プディボアの前、横の市道も自転車やマイカーで通った事があり、素敵な店に興味がありました。次は、入店させて頂きますね。

  3. 保田 知紀

    友達が小美玉に来た時は必ずオススメしています。
    山本さんの想いを知れて、益々オススメしよう!と思いました。

  4. わんわん

    プティ・ボアさんのお菓子、美味しいですよね。春は桜を使ったお菓子が出回るので嬉しいです。チーズインバウム美味しそうですね。明日にでも買いに行きたいです。素敵な記事をありがとうございます

  5. ブルたん

    綾子さんの頑張る姿に元気をもらいました!
    これからも綾子さんとお店を応援します

門倉栞

1,653 views

美野里地区を中心に取材を担当しています、門倉 栞(かどくら しおり)と申します。 観光を学ぶ2000年生まれの大学生。小美玉市においては、住民劇団「演劇ファ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

TOWN JOURNAL OMITAMAとは
私たち小美玉市民による、小美玉市民のための市民メディアです。

有志の住民グループにより結成された「タウンレポーター」が茨城新聞社の取材や編集の指導や協力を受けて、小美玉市の情報を小美玉市民のために発信していきます。
ABOUT