シベリアから池花池に・・住民に見守られて44年

暮らし

※夫婦や親子で楽しいひととき  写真提供:坂野しげ子さん

小美玉市部室の池花池(いけばないけ)に今年もオオハクチョウが飛来して越冬しています。1976年、この池に初めての白鳥が2羽飛来しました。その後、1988年頃からほぼ毎年、オオハクチョウやコハクチョウが遠いシベリアからやってきます。

小美玉生物の会の櫻井浩さん、中崎智雄さん、海老澤悦子さんに話を聞きました。会長の櫻井さんは、「この池はため池で水が湧いています。昔は水がきれいで珍しいトンボがたくさんいたのに、森が少なくなり水質も変わってしまいました」と教えてくれました。散歩がてら白鳥の観察をしている中崎さんは、「今日は40羽だね。全長が約140センチ、体重が10キロ前後の怪我をした白鳥を茨城県鳥獣センターに連絡してから笠間市内の動物病院に連れて行ったこともありました。舟を出して救助するんだけど重かったな」と笑います。

※小美玉生物の会 左から櫻井さん、海老澤さん、中崎さん(撮影時のみマスクを外しています)

白鳥はシベリアから北海道、青森、宮城、福島、茨城と、途中休みながら飛んでくるようです。夏は子どもを産むためにシベリアに帰り、冬は餌を食べるために温暖な日本にやってきて、ガマやマコモ、スイレンなどの根っこや若芽を食べています。時には丘に上がって、牛の飼料のトウモロコシや落穂も食べます。白鳥は親子や夫婦の絆が強く、親鳥は灰色の幼鳥を見守りながら水面を泳いでいます。「約半年、子どもたちもこの池で過ごしているうちに灰色から白くなります。桜の花が咲く頃までここにいますね」と海老澤さんは優しく見守っています。池花池では白鳥以外に、カルガモ、ホシハジロ、オオバンなどの野鳥もたくさん見ることができます。

白鳥たちが安心して越冬するために、「油脂類の入っているものはなるべく食べさせないでほしい。大量に餌を持ち込んで投げ込む人もいる。水も汚れ、栄養過多になり、太りすぎてシベリアに帰れなくなってしまう。怪我の原因にもなる釣りも禁止されています。ぜひ、マナーは守ってほしい」と、櫻井さん、中崎さん、海老澤さんは声を揃えて話してくれました。

※「今日は何をしようかな」  写真提供:坂野しげ子さん

「コォーコォー」と大きな声で鳴く姿や、水面を蹴って助走をつけながら豪快に飛び立つ姿。池花池の白鳥をこれからも守っていきたいですね。

  • コメント ( 14 )

  1. こむぎ

    コロナ禍で気持ちが沈む日が続きますが、素敵な白鳥の写真と記事に癒されました。鳥たちをあたたかく見守る地域の皆さんの笑顔、私もホッコリした気持ちになります。ご苦労もあると思いますが、ぜひ活動を続けて頂きたいです!

  2. 藤田佐知子

    こむぎ様
    メッセージありがとうございます。
    池花池の近くにお住まいの坂野様から大切な写真を提供していただき、愛らしい姿を見ていただけて良かったです。白鳥たちは、人懐っこくてかわいいです。池花池に遊びに来てください。はい!頑張って続けていきたいと思います。

  3. ブルたん

    オオハクチョウやコハクチョウでいっぱいの池花池を見てみたいです。ステイホーム時間が長い今だからこそ楽しめる散歩になりそうです。

  4. 藤田佐知子

    ブルたん様
    メッセージありがとうございます
    この時期は 朝早くから賑やかな白鳥の鳴き声が聞こえて元気をもらいます。
    白鳥たちが元気に泳ぐ姿をぜひ、見に来て下さい。可愛らしいですよ

  5. もち

    今朝もお散歩で池花池に行きましたが、たくさんの白鳥さんがいました。
    桜の開花が早ければ一緒に観る事ができるので、今春はどうなるか、今から楽しみです(^^)

  6. 藤田佐知子

    もち様
    メッセージありがとうございます
    今日は暖かくてお散歩日和でしたね。
    白鳥が旅立つ前に桜の花が咲いてくれたら私も写真に残そうと思います。
    2倍楽しめますね。

  7. overs24

    小さい頃から池花池と遠州池の白鳥を見て育ちました。子どもながらに白鳥がいることが誇りでした。この風景を見守っていきたいですね。

  8. 藤田佐知子

    overs24様
    メッセージありがとうございます
    毎年 白鳥が飛来するのが楽しみで、春になって帰ってしまうと淋しいです。
    白鳥が飛来して過ごしてくれる池があることは素晴らしいし、自慢できることですね。

  9. 齋藤友幸

    近所と言うか身近に白鳥が来てくれる環境を住民の方々が守っているって素敵ですね。水が湧き出る池があったり素晴らしいです。わたしは、住み着いてる千波湖の白鳥しか知りませんでした。ずっと来てくれることと、お世話される皆さんがどんどん参加してくれる事を願っております。

  10. 藤田佐知子

    齋藤様
    メッセージありがとうございます
    白鳥、桜、スイレンと池花池は四季折々に素敵な場面を見せてくれます。孫たちが大きくなった時にも この風景が見られたらいいなと思います。

  11. 海老澤悦子

    取材の際は、お世話になりました。たくさんの地元の方に見守られて今年も100羽以上のオオハクチョウが池で冬を越しています。毎年、ハクチョウが来てくれる環境を大切にしていきたいですね。

  12. 藤田佐知子

    海老沢様
    メッセージありがとうございます
    取材の時はお忙しい中お世話になりありがとうございました。
    取材した時よりも60羽以上増えて見応えがありますね。
    それも、櫻井さん、中崎さん、海老沢さんたちが優しく見守ってくれるおかげだと思います。た大変なこともあるかと思いますが活動を続けていただけることに感謝します。
    本当にありがとうございました

  13. hiromi.o

    先日、家族で見に行きました。たくさんいて人懐っこくて可愛かったです。近所の方が、白菜を細かく刻んだものを白鳥にあげていて、うちの子供達にも分けてくださいました。池花池の白鳥は優しい地域の人達に愛され見守られていますね。心がほっこりしました。

  14. 藤田佐知子

    hiromii.o様
    メッセージありがとうございます
    白鳥に会いに来ていただきありがとうございました
    人に慣れていて可愛いですよね。
    パンだけでなく、細かく刻んだ白菜もよく食べてくれるみたいですね。今日は陸に上がって、人のすぐ側で餌をもらって食べていました。。
    また、子どもさんを連れて遊びに来てくださいね。

藤田佐知子

1,003 views

★美野里エリアコーディネーター★ 美野里地区を中心に取材を担当しています!よろしくお願いいたします。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

TOWN JOURNAL OMITAMAとは
私たち小美玉市民による、小美玉市民のための市民メディアです。

有志の住民グループにより結成された「タウンレポーター」が茨城新聞社の取材や編集の指導や協力を受けて、小美玉市の情報を小美玉市民のために発信していきます。
ABOUT