私たちはチーム ~カットハウス ユアーズ  チバ ~

ひと

「カットハウス ユアーズ チバ」(以降 ユアーズ)は小美玉市玉里地区にある理容店です。店主の千葉行雄さん・妻の雅子さんは1998年に結婚。翌年4月にユアーズをオープン、今年24年目を迎えました。二人の理容師としての腕の確かさと、絶妙な「あ・うんの呼吸」から生み出される温かな雰囲気が多くのお客様を「ユアーズ」に向かわせます。

※若いお客様もたくさん来店します

行雄さんと雅子さんはどちらも両親、祖父母、親族が理容師だったこともあり「理容師にならざるを得ない環境でした」と笑います。
それぞれ別の理容学校を卒業、理容師免許取得後の修業の場として所属した研究団体「茨城N.I.C(研究団体西野育成クラブ)」で二人は出会いました。「二人で、あるいはN.I.Cの仲間と切磋琢磨した修業の積み重ねの先に今の自分たちがあります」と行雄さんは言います。「交際していた頃は理容競技大会での入賞を競い合っていました」と懐かしそうな雅子さん。

※どんぐりヘアがお似合いの3才男児のカット

行雄さんは現在もN.I.Cの研修会に定期的に参加、一層の技術の向上を怠りません。
理容師の命と言っても過言ではないハサミにもこだわりがあります。行雄さんは「修業時代から何百種類ものハサミに出会い、その中からこれだ!というものを使用しています。『長切れ(ナガギレ)する』と言うんですが、長く使っても切れ味が劣ろえないものを使っています。お客様に満足して帰っていただくためにはとても大切なことです」と話してくれました。
「新しいカラー剤などの薬液は、まずは自分の頭で試します。毛髪へのダメージや発色レベルの確認、皮膚のヒリヒリ感の有無などを試してみるんです」と行雄さん。

※現在使用しているハサミ

※「コロナ禍のため、談笑できないのが残念です」とお客様。雅子さんは海藻成分のパック中。

ユアーズには、1999年の開店当時から来店し、2才違いの二人の息子さんの成長を見守ってくれるお客様がたくさんいます。雅子さんは息子さんをおんぶして仕事をしていた時期もあり、「背中の子どもが泣くと、カットの途中でも『ミルクをあげておいで。赤ちゃんが優先、優先!』と、どんな時でも優しい言葉をかけてくださいました。お客様に長男と次男の子育てを応援してもらったことがとてもありがたくて忘れられません」と話します。
お客様への感謝の気持ちは、地域との関わりを大切にするきっかけのひとつにもなりました。
今は大人になった二人の息子さんの小中学校時代のPTA役員や、子ども会育成会役員を夫婦で交互に務め、地域の人々との交流を深めました。行雄さんは消防団での活動経験もあります。「営業終了後の夜や休日の活動は大変でしたが苦ではありませんでした。『なんでも経験。大変でもやろう!楽しもう!それが私たちにできる地域貢献だね』と夫とよく話したものです」と雅子さん。

※笑い合う行雄さんと雅子さん

現在は子育ても終わり、仕事以外の時間も夫婦で過ごすことが多くなり、休日には山登りを楽しんでいます。「大空の下でおいしい空気をたくさん吸い、夫婦で笑い合う。これが何よりもリフレッシュになり、健康のもとになっています」と雅子さん。
「私たち夫婦は共同体。“チーム千葉”の一員です。どちらが欠けてもお客様に満足のいく施術はできません。理容師は定年のない職業です。健康に気を付けて、技術を落とさないように鍛錬を続けます。頭も心もすっきりして帰ってもらえるように癒やしと和みの空間づくりをしていきたいです」と語る行雄さんと雅子さんの笑顔はとても魅力的でした。

🔷競技大会の主な賞歴
千葉 行雄
1994年 第35回茨城県理容競技大会  第5部門 アイロンパーマ 優勝
1996年 第37回茨城県理容競技大会  第7部門 ブロースカット 優勝
2000年 第44回関東甲信越理容競技大会 準優勝
その他数回

千葉 雅子
1995年 第36回茨城県理容競技大会  第5部門 アイロンパーマ 優勝
1996年 第37回茨城県理容競技大会  第7部門 ブロースカット 準優勝
その他数回

◆カットハウス ユアーズ -チバ-◆
予約優先制    Tel  0299-26-8864  住所  小美玉市栗又四ケ2570-39
営業時間  8:00~19:00   休業日  毎週火曜日・第2・3月曜日

  • コメント ( 4 )

  1. かが

    こんなお店がある町は幸せですね!あったかいプロがいる町。

    • かがさま

      コメントありがとうございます。はい、小美玉は「住んでみるとよくわかる」幸せな町なんですみんな心があったいんですよ

  2. アイザワ

    いつもユアーズさんにお世話になっています。
    お二人ともスゴい経歴をお持ちだったんですね。
    先日伺った際、ご夫婦で登山に行っているお話を聞かせて頂きました。とても楽しんでおられる様でしたよ。

    • 遠藤康子

      アイザワ様
      コメントをありがとうございます。
      おふたりの腕の確かさはしっかりとした修行の上に成り立っているものであり、競技会での入賞にそれが現れていますよね。山登りをお二人で楽しんでいらっしゃるようで羨ましい限りです☺️

遠藤康子

4,386 views

★編集部 編集長★ 玉里地区を中心に取材を担当しています!よろしくお願いいたします。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

TOWN JOURNAL OMITAMAとは
私たち小美玉市民による、小美玉市民のための市民メディアです。

有志の住民グループにより結成された「タウンレポーター」が茨城新聞社の取材や編集の指導や協力を受けて、小美玉市の情報を小美玉市民のために発信していきます。
ABOUT