花束は贈り主の代弁者 ~気持ちを束ねて~

ひと

小美玉市部室にあるトキワ園芸農業協同組合花木センター(通称:花木センター)は、2.5haもの広大な敷地面積を誇る園芸専門店です。食堂や売店、野菜直売所、ちびっこ広場なども併設しています。1979年の創業以来、温室や売り場を徐々に増やしてきました。

切花コーナーは2年前に改装し広くなりました。店内には、日本だけでなく世界中から集められた約5000本の花々が並んでいます。

※おばあちゃんの退院祝い用のブーケを作る大野さん

切花を長持ちさせるには、水切りや水を入れ替えるたびに延命剤を加えることが大切です。「完成した花束をお客さんに渡したときがスタートです。きれいな花を長く楽しんでもらいたい」。キャリア25年の大野美幸さんが話してくれました。花束の注文を受けるときは、希望の花や色、用途を聞きながらそれが「贈り主の代弁者」であることを第一に考え、お客さんの思いに寄り添います。「一緒に素敵な花束を作りましょう」。

※ 白菊の葉っぱを処理する萩谷さん

切花部次長・萩谷孝志さんは花言葉に詳しく、贈り先に応じてアドバイスをしてくれます。「でも、やっぱり相手の好きな花が一番いいですよ。どうぞ、手に取って選んでみてください」萩谷さんの作る花束にも思いやりがあふれていました。

最近、ドライフラワーのスワッグ(壁飾り)も人気があります。取材時も若いお客さんが見入っていました。花の世界にも流行があり、常にアンテナを張り続けなければなりません。新しいことを取り入れていく柔軟性と冠婚葬祭や慣習に関する知識も求められるので、いつも向上心を持ち続けているそうです。

※春は花の種類が一番豊富な季節

「『ここでこんな花に出合えるなんて』と驚いてもらえるとうれしいです。これからも幅広いニーズに応えられるように、たくさんの花を揃えてお待ちしています」。専門店のプライドに胸を張り、花を通して人の気持ちと向き合い続ける2人の笑顔は輝いていました。

トキワ園芸協同組合花木センターHP : tokiwa-web.com

  • コメント ( 12 )

  1. サイトウトモユキ

    年に何回か、花を贈る事がありますが、各地の花屋さんでお願いしていましたが、次回からトキワ園芸農業協同組合花木センター 切花部さんへ行ってお願いしてみます。情報アップしてくれて有難うございます。

    • 外之内 加奈

      各地のお花屋さんで頼むのも楽しそう!
      ぜひ花木センターにも足を運んでみてくださいね。

  2. ヤブノ

    地元の花木センターは両親が大好きで、頻繁に行っていました。私も行くたびにワクワクしていたのを思い出します。

    • 外之内 加奈

      私も子供の頃に感じたワクワクを覚えています。
      どの年代でも楽しめる素敵な場所です。

  3. わんわん

    花木センターには、四季折々の花を見に行きます。職場で、家で花束やアレンジメントを作ってもらいますが、いつも好評です。改めてスタッフの皆さんのおかげなんだなと思いました。これからの季節、たくさんの花に出会えるので行くのが楽しみです

    • 外之内 加奈

      たくさんのお花を見ているだけでも嬉しくなってきますね。
      それもスタッフの皆さんのおかげです♪

  4. overs24

    私も花木センター愛好者です!
    家族の誕生日、結婚記念日、母の日、大切な方へのお祝いなどなど。いつも電話口でこちらの想いを汲み取ってくれるから、気持ちよく頼んでお任せできます。

    • 外之内 加奈

      気持ちよく頼めるってすごいことですよね。
      そんなお花屋さんが市内にあるのは心強いです!

  5. ますみ

    花木センターは、美野里のオアシスです!

    • 外之内 加奈

      先日、ぐるっと1周してみたらまた新しい発見があって楽しかったです〜まさにオアシスですね!

  6. プレーンヨーグルト

    園芸好きにはたまらないテーマパークのような存在です。
    こらからの時期花の苗、野菜の苗、ワクワクしながら買いに行きます。
    時々、カラー10本で300円なんて地元ならではのお得もあります。
    大好きなお店です。

  7. ブルたん

    「一緒に素敵な花束を作りましょう」という大野さんの言葉が温かくていいですね

外之内加奈

287 views

美野里地区を中心に取材を担当しています!よろしくお願いいたします。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

TOWN JOURNAL OMITAMAとは
私たち小美玉市民による、小美玉市民のための市民メディアです。

有志の住民グループにより結成された「タウンレポーター」が茨城新聞社の取材や編集の指導や協力を受けて、小美玉市の情報を小美玉市民のために発信していきます。
ABOUT